人生における重要な部分を占めるのが「仕事」ですが、その仕事が自分に適しているかどうかを手相の仕事運から読み取ることができます。まず、手相で仕事運を見るに当たって重要な役割を示す腺が運命線と呼ばれるもので、中指の付け根から手首に向けて手のひらを縦断するように伸びていますが、この線が中指の付け根から親指の歩行に緩くカーブしている場合は、現在仕事が最適であり、出世する可能性も大きいことを示しています。逆に中指から小指の方向にカーブしている場合は、仕事は充実しているもののストレスも多く、このまま続けてよいか迷っているときに出る相です。もし、この運命線が濃くしっかりしている場合は、このまま続けることでうまく歯車が回りだし次第に事態も好転していきますが、逆に線が薄い場合や線が切れながら伸びている場合は、続けても改善される見込みが少ないため、環境を変える方が良いとされています。

特に線が切れている場合は「転職」を意味しているため、転職することで運気もアップすることを暗示しています。また、運命線をサポートするように左右に線がある場合は、自分の望む仕事に就けるということを示しており、周囲のサポートを受けて独立しても成功を収める相です。このように仕事運を手相で見ることができますが、手相はその時々の状態によって常に変化しています。仕事運が気になったらまず手相を見て、運命線を確認してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です